にゅ〜ぶる
にゅ〜ぶる

職種ごとのレベルアップを楽しめる「JobLvマネージャー」の作り方

ーー まず、JobLvマネージャーと、にゅ〜ぶるさんについて教えてください。

JobLvマネージャーは、自分のJob(職種、仕事の肩書き)を登録して、LvUP(レベルアップ)を目指しながら遊ぶサービスです。私、にゅ〜ぶるは、SEとして普通の仕事をしながら、趣味で個人開発をしているエンジニアです。座右の銘は「晴笑雨笑(晴耕雨読をもじってます)」で、みんなで笑えるをテーマに、RubyOnRailsでWebサービスを開発しています。

ーー JobLvマネジャーの着想はどこから生まれましたか。

Twitterで繋がったユーザーさんが、名前の後ろに「〇〇Lv1」みたいなのをつけているのを見て思いつきました。いつの間にか、こっそりLvアップしていたり、新しいものに変わっていたり。そういう遊び心に興味が湧いて、この仕組みをもっと簡単に、管理や変更ができるようにしたサービスを作ってみたいと思ったのが始まりです。

ーー 最初に開発したプロダクトは何でしたか。

自分用ではありますが、本の販売管理のシステムです。漫画が好きで、コミック本をよく買うのですが、発売日が分からず買い忘れすることが多々ありました。既に出ているサービスを使うことも考えましたが、ごちゃごちゃしていて、私には十分すぎるサービスだったので、自作することにしました。単純に、自分の好きな本の発売日一覧が分かればよかったので、今でも使っています。

ーー 現在、JobLvマネジャーを広めるために工夫はされていますか。

今までは私自身が満足するサービスばかりを作ってきたので、どうやって広めようかまで考えたことはありませんでした。今回、Twitterで拡散してもらえるような機能はつけてみました。(LvUP時にツイートができます)しかし、そもそもどうやって最初にユーザーさんに知ってもらうようにするかはまだ考え中です。

ーー ビジネスモデルのアイデアはありますか。

今のところ、JobLvマネージャーでのマネタイズは考えていません。やるとしたら広告収入ですが、ユーザーがずっと滞在するようなサービスでもないので、難しいかなと思っています。

ーー 将来的にはどのようなゴール設定をしていますか。

サービスを利用する方々に楽しんでもらえれば、それだけで私も嬉しいです。また、もう一つのゴールとしては、LvUp時の画像を、Twitterで募集しているので、その画像を増やしていきたいなと思っています。人と人が繋がっていって欲しい思いもあるので、「この画像(LvUp時の画像)誰が書いたの?!」といった風に話題を生み出していければなと思います。

ーー これまでで一番大きな課題は何でしたか、またそれを乗り越えるためにどんな工夫をしましたか。

このサービスは期間にして3日間、時間にすると8時間程度で作りました。短期間で作ったというものもあって、サービス直後にバグが発生して、すぐに直したり、また翌日にはバグが出てしまってと...。平日で仕事もあったので、即対応できなかったのが課題でしたね。

ーー 個人開発を進める上で何かオススメのツールはありますか。

サービスを動かすということに関しては、Herokuはおすすめです。開発に関しましては、メモ系アプリがおすすめです。アイデアはいつ出てくるか分からないので、その時はつまらないかもと思ってもメモを取っておくと良いと思います。

ーー 無茶振りですが、開発会議ユーザーへメッセージをください。

どんどん開発してリリースするべきだと思います。最近Webサービスを作るのに、お金はほとんどかからないし、いろんなものが無料で使えます。PaaSだって、開発を簡単にしてくれるフレームワークだってあります!昔はハードルが高かったのに、今は本当に便利になってきています。これを使わない手はありません!!また、その際、独自のサービスである必要もなく、既存のサービスをパクるのでも良いと思います。スモールスタートがおすすめです。何しよう?と止まっている時間が勿体無いと思うので、どんどん突き進んで欲しいです!

取材の感想

Webディレクター、グロースハッカー、デザイナー、エンジニア、フリーランス...。昨今、さまざまな職種が登場してきました。これまでその作品をポートフォリオにまとめるサイトはありましたが、職種のレベルアップを表現するツールはありませんでした。そういう意味でも、JobLvマネージャーは今風なサービスですね。また、3日8時間で作成するというスピード感も参考になりました!どんどん作っていきましょう。

JobLvマネージャー
JobLvマネージャー

自分のJobLvを管理して、Twitterのアカウント名を簡単に変更できるサービス。レベルアップの画像を作成できる人も探し中です!