NARI🏕
NARI🏕

プロジェクトシェアから始まる新しいフリーランスの働き方「TEAMKIT」の作り方

ーー まず、TEAMKITについて教えてください。

(小谷さん)自分はフリーランスであり、TEAMKITの代表をしています。デザイナーでもなければ、エンジニアでもありません。企業から仕事の相談を受けた場合は、一人ではできないので、必ず誰かしらを巻き込まないといけないので、チーム探しから仕事が始まります。ですが、個人が一緒にプロジェクトをやる人を探すのってめちゃくちゃ大変でした...。TEAMKITはそんな課題感から生まれた、フリーランスなど個人がプロジェクトをシェアして仲間を募ったり、プロジェクトに参加できるプラットフォームです。

ーー TEAMKITの着想はどこから生まれましたか。

(小谷さん)「一緒にプロジェクトをやってくれる人を探す」問題が他のフリーランスの話を聞いているうちに、自分だけのものではないなと感じ始めました。フリーランス専用の案件紹介サイトだと、企業対個人は成り立ってはいるものの、なかなか個人が個人を探すという悩みは悩みのままです。そこで、TEAMKITの原型が構想されました。

ーー どんな人がTEAMKITを使われていますか。

(小谷さん)やはり、WebやIT界隈の人が多めです。職種でいうと幅広い方に参加してもらっていますが、Webデザイナーやディレクターの方が3割で、中にはブロックチェーンやAIのエンジニアの方も登録されています。TEAMKITでは、プロジェクトの発起人(プロジェクトオーナー)が、Tentと呼ばれるプロジェクトページに、詳細を掲載し、募集ができるのですが、TEAMKITで掲載されるTENTの多くが新規事業や新企画など目指すビジョンや価値観のあるプロジェクトです。受発注の域を超えて、人と人が繋がっていく仕組みが作れつつあるところです。

ーー 現在、TEAMKITを広めるために工夫はされていますか。

(小谷さん)大前提として、プロジェクトオーナーが新規プロジェクトを提起し、より人を呼び込みやすいように、参加を考えているフリーランスがプロジェクトに参加してみたいなと思ってから、実際に参加しやすいような導線設計をして、プロダクトをユーザーが広めてくれるくらい良くしていこうというのがあります。それから、SNSや外部ツールとも連携しながら、PRを実施しています。

ーー ビジネスモデルのアイデアはありますか。

(小谷さん)通常のフリーランスの案件サイトのように、プロジェクトに関わる金額に応じて手数料を差し引くようなことは考えていません。サービスを作っていくうちに、ユーザーが最も苦労しているところにサービスの付加価値を置いて、そこに対価をいただくように設計を進めています。

ーー 将来的にはどのようなゴール設定をしていますか。

(小谷さん)フリーランス、個人で働く人たちのインフラでありたいと思っています。プロジェクトを探すとき、プロジェクトに関わる人を探すとき、自然にTEAMKITにアクセスしているような環境を整えていきたいと思っています。

ーー 着想を得てから、今までで直面した課題はありますか。

(小谷さん)リモートで開発を進めていると、課題が生じることもあります。例えば、メンバーの体調管理の把握などです。毎日、顔を合わせているわけではないので、把握しきれない瞬間もあって。連絡が途絶えてしまうと不安になるし、実際、連絡がない間、入院してましたなんてこともありました。会わないからこそ、お互いの温度感というのも分かりづらいので、いかにコミュニケーションを取り、信頼を築き、良いプロダクトを届けられる環境を作れるかは、現在も模索中の課題ですね。

ーー 個人開発を進める上で何かオススメのツールはありますか。

(NARIさん)チームでのやり取りで、Slackを使っています。Githubとも連携しながら、issueを切り出して、メンバーで協力しながら解決するようにしています。開発のコア部分の話にはなりますが、必要な機能は自分たちでツールを作って解決したりすることもあります。少人数で運営していると、かえってそちらの方が早い場合もあります。

ーー 無茶振りですが、開発会議ユーザーへメッセージをください。

(NARIさん)開発会議はいろいろな人やプロダクトが集まっていて、見ていて面白いと思います。だから、開発会議に登録しているユーザー同士で実際に会ったり、使ったものを発表する機会を作っていって、個人開発の界隈が盛り上がっていくといいなと思います。TEAMKITでも、ぜひ個人開発プロジェクトの仲間探しなどしてみてほしいです!

取材の感想

TEAMKITのチームの皆さんと通話でお話させていただきましたが、それぞれ一フリーランスとして活躍しながら、課題感と目標を持ち突き進んでいるところ素晴らしいなと思いました!

TEAMKIT
TEAMKIT

TEAMKITはフリーランス同士、クリエイター同士がお互いにプロジェクトをシェアすることが出来るプラットフォームです。クライアントから相談受けたけど、ひとりで回せないとか一緒に組めるクリエイターを探してるといったことを解決できることを目指しています。